多部未華子主演「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」ドラマあらすじ、ロケ地は?

多部未華子さんツバキ

NHKドラマ4月14日の金曜22時より放送されるヒューマンドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」では、多部未華子さんが主演をされ、高橋克典さんや上地雄輔さん、片瀬那奈さんらも共演されます。
多部未華子さんはNHKで前回「つばさ」という作品に出演されてます。ちょっとタイトルが似ていますよね。

多部未華子が主演ツバキ文具店のあらすじネタバレ

こちらの脚本はドラマ「ヒガンバナ」を書かれた小川糸さん。
この作品は、代書店を舞台にしたドラマになっています。
代書店とは手紙の代筆を行うお店のことですね。
傍おから引き継いだ主人公が色々な思いを記してゆきます。

こちらが多部未華子さんですね。代書店というお仕事をしてそうで、清楚な感じがしていいですね。
多部未華子さんツバキ

彼女のキャッチコピーは「伝えたい思い、ありませんか? その手紙、あなたに代わって書きます」です。

主人公の鳩子(多部未華子さん)は8年ぶりに鎌倉へ戻ることに。
亡き祖母からこの「ツバキ文具店」を受け継ぐことになり物語が始まります。
代筆と最初に説明しましたが、実はタイトル通り、お店は文具店なのです。
ところが、文具店は名前だけで実際は美しい文字を代わって書く代書屋でした。

ツバキ文具店では具体的に何をしているのか
手紙を一から考えて書くというちょっと代わったことをしてくれます。
鳩子は新米ながらも才能を発揮してゆきます。

どうしても言葉にできないものを彼女は、最高の形にして伝えるという素晴らしいお仕事をされます。

さて、このツバキ文具店、実は原作があるのです。

ツバキ文具店の原作は?ネタバレ?

実は原作は17年に本屋大賞をノミネートされた「ツバキ文具店」という作品でベストセラーなのです。
こちらではアマゾンのレビューも高評価ですね!

ツバキ文具店原作

こんなレビューがあります。

「読んだ後は、幸せな気持ちになること間違いなし。そして、ふと大切な誰かにとっておきの万年筆とインクで、手紙を書きたくなります。」

なるほど、文章が書きたくなっちゃうお話なのですね。

「「美しい字」って説得力を持つよなあ。字がキレイというのは間違いなく「美徳」である。と思った。
楽しく読ませて頂きました。」

字が綺麗なのはたしかに説得力がありますね。

ツバキ文具店のロケ地

ロケ地もちょっとばかり話題のようですね。
今回の舞台は鎌倉ということもあって、ロケ地は鎌倉となっています。

Twitterなどの情報ですと2月25日、3月10日ごろに目撃情報があるとのことです。

本作ツバキ文具店では原作に出てくるお店が沢山ありますので紹介しますね。

あんぱんの「パラダイスアレイ」

どうですかめちゃくちゃおいしそうでしょ!!
ツバキ文具店パラダイス・アレイ

まだまだたくさん実際のお店がでてきますので後日紹介しますね!!!